9850 Carroll Canyon Road
San Diego, CA 92131 

map-apm-new

Click on map to get directions

Daily Bread 2016年4月22日
Written by Pastor Sho Usami
Thursday, 21 April 2016 16:34
創世2:23-人は言った。「これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから。」

聖書の中に見られる最初の契約は、婚姻の契約です。神は、男を切り開き、その骨と骨髄から女をつくりました。このことから、男と女は、一つの肉、骨の骨、肉の肉となりました。

私たちは、キリストイエスが、自分の血によって私たちを買い取って贖うことによって、彼と一つとされました。私たちが新しくされたのは、イエスの血とからだを通してです(ルカ22:19-20;1コリ11:25,10:16;エペ2:5,10;1ヨハ4:9;2コリ5:14-15;ヨハ17:22)。エバがアダムからつくられたように、私たちもイエスキリストからつくられたのですから、私たちは彼と一つとされ、アイデンティティーを彼の中に見出すのだと言うこともできます(ガラ2:10;ピリ1:21)。アダムがエバについて言ったように、キリストイエスも私たちについて言いました。「私たちはキリストのからだの部分だからです。『それゆえ、人は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となる。』この奥義は偉大です。私は、キリストと教会とをさして言っているのです。」(エペ5:30-32)
 
Daily Bread 2016年4月21日
Written by Pastor Sho Usami
Wednesday, 20 April 2016 16:28
使徒4:31-彼らがこう祈ると、その集まっていた場所が震い動き、一同は聖霊に満たされ、神のことばを大胆に語り出した。

イエスは、死の前日、弟子たちに、「その日には、あなたがたはもはや、私に何も尋ねません。」むしろ、彼らはイエスの名によってお父さんに求めるのだと言いました(ヨハ16:23,26,15:16)。これは、弟子たちのイエスの教えに対する従順を表す一例です。彼らの祈りは、イエスの名が栄光を受けるのを見たいという願いに焦点が当てられていました。弟子たちは、イスラエルの支配者たちに、イエスの名によってもう語ってはならないと脅されていました。そこで、この問題に対処するために、弟子たちはもっと大きな奇跡を神に求めました。初めの場所で彼らがトラブルに巻き込まれたのは、障害を持って生まれた人が癒されたためでした。しかし、それでも彼らは、神がその聖なる子イエスによって、さらなる奇跡を行ってくれるよう叫び求めました。その祈りは即座に応えられ、彼らは再び聖霊に満たされました。

神の王国でどのように物事が行われるかということが、この出来事の中で素晴らしく描かれています。この世において、神を代表する者である弟子たちが、子であるイエスの栄光を表すことを目的としている神であるお父さんに、奇跡を行うことを求めるのです。その結果、奇跡の力が、神である聖霊によって、再び満たされます。大胆さと効力をもって神のことばを語るならば、私たちも彼らと同じ熱心さ、同じ祈りと力を持つに違いありません(エペ6:19-20)。
 
Daily Bread 2016年4月20日
Written by Pastor Sho Usami
Tuesday, 19 April 2016 13:02
エペ3:19- 人知をはるかに超えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。

神の満ち満ちたさまにまで満たされることができるという考えは、想像がつかないものです。しかし、私たちはすでに聖霊に満たされており、イエスと神であるお父さんが私たちの内に住むために来たことを考えれば、これは事実、神の私たちの人生に対するみこころであることが分かります(ヨハ14:17,23;コロ1:27;エペ3:9;ルカ3:16)。私たちの内側が神で満ちていることは、四章を見ると「キリストの満ち満ちた身たけ」と理解することができます(エペ4:13)。

神にあって私たちに召されている成長、成熟は、神の愛を知ることに直結しています。ヨハネは、私たちが愛の内に住むならば、神の内に住むのだと言いました(1ヨハ4:16)。私たちが掴んでいなければならない神にある原則と実体があるとすれば、それはこれです。つまり、愛の内を歩まなければならないということです(エペ4:15,5:2;ヨハ13:34)。愛による方法によって、私たちの全ての反応が決まり、私たちの全ての決断が導かれなければなりません。神の子は、イエスを表し、私たちの人生を通して神の愛を表したいと切に思っている聖霊の働きに、積極的に参加しようとしなければなりません(ガラ5:22;ヨハ16:14;使徒1:8;ガラ1:16,2:20;ピリ1:2;ローマ5:5)。
 
Daily Bread 2016年4月19日
Written by Pastor Sho Usami
Monday, 18 April 2016 17:28
1コリ10:16-私たちが祝福する祝福の杯は、キリストの血にあずかることではありませんか。私たちの裂くパンは、キリストのからだにあずかることではありませんか。

初代教会が皆で集まる時には、いつもイエスの血とからだとをもって、共に聖餐式を行っていたと信じるのには理由があります(使徒2:42,20:7;1コリ11:26)。私たちの前に聖餐式を持ち続ける必要がある理由は多くありますが、その一つは、私たちが神と交わりを持つことができるのは、イエスの血とからだのみによるのだということをおぼえるためです。この聖餐式によって、私たちは彼の骨の骨であり、肉の肉であること、また、この新しい契約を通して、彼と私たちが一つとされたことを思い出すべきです(1コリ10:17;ローマ12:4-5,12:12-13,20;エペ4:4,5:30;コロ3:15,2:19;1コリ6:15)。

聖霊は、御霊によって神を礼拝する天の領域へと私たちを導きます(エペ1:3,2:6;ヘブ6:4,12:22)。天の領域は、キリストイエスが、神であるお父さんの右の座についている場所、また、私たちが個人的に、霊と真によって神と交わりを持てる領域です。私たちは、自分自身を、ただこの栄光の領域を訪れている者などと考えるべきではなく、そこに住む者であると考えなければなりません。私たちは、キリストイエスのうちに生きているのですから、この領域に生きていなければなりません。そして、イエスの血とからだによって、この栄光あるいのちに入ることができます(ヘブ10:19)。イエスの血とからだが彼のいのちを私たちに与え、彼のいのちを通して、義、純潔、清さが与えられました。キリストイエスを通してのみ、私たちはこの神との聖なる交わりをもって祝福されるのです(1ヨハ1:7;ヘブ9:14;1ペテ1:19;黙示1:5)。
 
Daily Bread 2016年4月18日
Written by Pastor Sho Usami
Sunday, 17 April 2016 23:48
エペ1:3-私たちの主イエスキリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにあって、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。

ギリシャ語の「pneumatikos」(霊的な)は、新約聖書の中にしか出てきません。最初にローマ人への手紙1:1に出てきて、パウロの霊的力と賜物を兄弟たちに分け与えたいという願いについて書かれています。霊的祝福とは、すべて神の国のためになることや、神の国が表されることも含みます。霊的祝福と、天のものとの関係は重要です。-この世の領域においては、霊的祝福は存在せず、天の領域においてのみです。パウロは、私たちがこの天の場所で、キリストとともに座についていることを明言して、このことを明らかにしています(エペ2:6)。私たちが神によって生まれたとき、目に見えない変化が起こって、私たちは闇の国から愛する御子の国へと移されました(コロ1:13)。これが、神にある今という現実の知識、意識であり、それによって、私たちは自分自身をそれまでと違ったアイデンティティーを持つ者と考え、この世において、キリストの代表としてどう働きを成すべきかを考えるのです(2コリ5:20)。

霊的なものの意味について考える時、それは、教会の人々を通しての御霊の働き方に焦点が置かれます。神が教会を建てた時、神は、よみがえった救い主イエスキリストの栄光と力を完全に表すようにと力を与えました。イエスが表されるためには、私たちは、イエスを表すためにもたらされた聖霊に、自分自身を委ねなければなりません(ヨハ16:12-15;1コリ12:7-11)。イエスが、神の王座に上げられる前に、弟子たちに語った最後の言葉は、「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、・・・」(使途1:8)でした。イエスは、ご自身がこの世での働きのために受けたのと同じ御霊、同じ油注ぎを私たちにも与えました。また、ご自身が受けたのと同じ、神の国を表すための力、お父さんのみわざを行うための力も与えました。

パウロは、奇跡、しるし、不思議なわざを生み出す、霊のものと聖霊の表れの間にあるつながりを強固にしました。私たちは、霊のものとは、聖霊の統治、働き、また表れであることを理解する必要があります。イエスキリストが主であることを告白することに始まり、すべての御霊の賜物にまで至るのです(1コリ12:1-11)。パウロは、私たちの課題について、1コリ14:1で明確にしており、愛と霊の領域に付き従っていくことに注意を向けさせています。私たちの国籍は天にあり、私たちの霊的祝福は天にあります。そして、私たちの命と導きは、御霊の中に存在します(ピリ3:20;ガラ5:22-23;ローマ8:4)。福音のよい知らせを固く握り、解放されて、愛する御子の国で完全に人生を生きましょう。
 
Page 7 of 131
Powered by MMS Blog

Daily Bread Sign Up

 
Get the Daily Bread
Email:
 
For Email Newsletters you can trust

Bible Study Tools

On Line Bibles

Bible Gateway
Biola Univeristy's Online Bible

Original Language Tools

Greek
Online Lexicon

Hebrew
Online Lexicon

Original Language Courses

Learning Greek
Learning Hebrew